カテゴリー別アーカイブ: ご報告☆+゜

★11月27日関西UEカフェミーティング報告 その②

みなさん、こんにちは。関西UEカフェボランティアリーダーのベルです!

私は今年の3月に初めて南三陸町に行きました。現地での活動を終え神戸に帰ってきましたが、被災地の現状や南三陸町で出会った方々のことが頭から離れず、いつも関西からできることは何かということを考えています。

今日は、昨日の関西UEカフェMTのご報告です☆

00003_2
UEカフェMTは、
被災地のためにできることは何か?
未来の社会をより明るくするために「今」できることは何か?
ということを、すべての垣根を超えて皆で話し合える場です!

私は今回4回目の参加となりました。これまで、被災地の人口流出問題、若者が戻ってこられる町づくり、関西でできること、エコキャップを活用したプロジェクト、風化対策としての情報発信など…様々なテーマについて話し合ってきました。

今回も、現在進行中のプロジェクトをはじめ、被災地の雇用創出、新しい街づくりに向けた環境先進タウン構想、未来の社会を描く上で欠かせない「教育」などなど…9つのテーブルに分かれてテーブルディスカッションを行いました

00003_1100038_4


私のテーブルのテーマは「教育」。教育の場やツール、伝統継承や人の交流、エコに関しての教育など様々な具体的意見・アイデアが挙がり、中でも最も多かったのが、修学旅行で東北に行くことです。

現地での農業や漁業体験を通して、被災体験だけでなく、楽しみや喜びを感じてもらい、そこから学んでもらう。さらに、地域には様々な知恵や知識を持った高齢者が沢山おられます。高齢者との交流から地域ならではの伝統を学び、技術や想いを継承していく大切さを学びます。これは、高齢者の生きがいや地域の活性化にも繋がるのではないかと思います。
rimg0569rimg0582_2


また、エコの価値を生活を通して学ぼう!というアイデアも出ました。必要な電力は全て自然エネルギーからまかなう。ゴミをなるべく出さないようにするにはどうしたらよいか、物や場を共有することで可能になるエコを、集団生活から学ぶ。

これらに徹底的にこだわったエコホテルを作り、さらにはエコタウンを作り、泊まっただけで学べる、モデルとなるような場を作っていこう!!と、ワクワクするような意見がどんどん出てきました。

さらに、「学校でできること」については、被災地の子どもたちと交流を持ち、子どもたち主体で情報交換を行う。ここでは一方的に現地の情報を知るのではなく、阪神淡路大震災を経験した神戸の復興を伝えることも大切ではないかと考えました。

また、アートという視点で想いを伝えていくという意見も出ました!絵や音楽を通して、自由に表現しよう。みんなで作れる壁画を描こう。身体を使って健康や心のバランスを身につけよう…etc.楽しみながらできるものがたくさんありました。

中でも、私は「大人と子どもが一緒になって未来図を描く」というアイデアにとても興味を持ちました。子どもってどんな未来を描いているんだろうと、考えたらワクワクしませんか?子どもが集まれる場が増えると、親も喜べますよね(*^^*)子ども目線で触れ合える視点が必要だと思いました。

東日本大震災から大人たちは多くのことを感じ、学び、今の生活について見直すきっかけとなったはずです。
このことを子どもたちに伝えていくことが私たちの責任ではないでしょうか?

今後も沢山の方々とUEカフェMTや様々な場を通して出逢い、共に未来を考え、実践できることを楽しみにしています!!

★11月27日関西UEカフェミーティング報告 その①

こんにちは。今回からUEカフェMT運営スタッフとして参加しました、きのっぴです (^^)

11月27日に行われたUEカフェMT@関西のご報告をさせて頂きます。

 

私はUEカフェMTに参加するのは3回目ですが、今回は今までよりもさらに進化した点が多々あります!!

まずは開催場所!

大阪と言えば?思い浮かべる人もきっと多い、道頓堀のグリコ。

なんと、今回はそのすぐ近くにあるTSUTAYA戎橋店にて開催させて頂きました!!これは、震災支援活動やゴミ拾いなど、これまで様々な実践をUEと共にしてくださってきたTSUTAYA様からの共感とご協力を得て実現したものです!

イベント用に改装されたフロアで、ステージもあり、音響も良く、最高の環境でした☆★☆

 

また、今回はプログラムが2部構成となっており、第1部ではUEの代表世話人、智さんと小田まゆみさんのトークセッションが行われました。

0000000000_10

小田まゆみさんは20年前、高速増殖炉もんじゅが出来た頃から反原発運動をされていたそうです。(当時は反原発なんてやってると殺される時代だった、と笑っておられました…それくらい命がけの活動だったんですね)

しかし、反原発を訴えているだけでは状況が変わらず、その後は新エネルギーの推進に転換。現在はハワイ島でアーティストとして活動しながら、自給自足の生活を実践し、いのちを大切にした生き方を多くの方々に伝えていらっしゃいます

その小田まゆみさんは、3.11そして福島の原発事故が起きた事について、「ついに来たか、と感じた」と。そして、こういう危機的な状況だからこそ、私達一人ひとりの真の力が活かされる時が来たんだ!という意味を込めて、「私たちの時代が来た」と仰っていた事が、とても印象的でした。

いつか日本がこうなることを見込んで、ハワイでの自給自足生活を始め、この時代に必要な人材を育成してきたということです・・・

凄すぎる。。。

 

rimg057200028_14

また、今回は小田まゆみさん以外にも、自然エネルギーや人材育成、介護等様々な分野の第一線で活躍されている経営者の方々のお話を聞くことができました。皆さん、自分の得意な分野で、日本を良くしよう!元気にしよう!!と取り組んでおられる、本当に熱い方々でした。

こういった方々のお話を聞く中で、衣、食、住、そしてエネルギーを自給自足することで、日本は皆がわくわくできる素敵な国になる!ということがイメージできました。そしてその為には、私達若者が行動を起こすことが必要だと感じました。


そして!!最後に、ロックバンドおかんのライブがありました。

おかんの歌からも、一人ひとりが意識を持って立ち上がれ!!という強いメッセージが伝わり、胸が熱くなりました。会場は全員総立ちで、皆が同じ目標に向かって「やってやる!」という気持ちになったと思います。集合写真のみんなの表情からも伝わるでしょう?

まだUEカフェに参加したことの無い方も、次回は是非参加してみて下さいね!!自分の中に眠っている良心や熱い気持ちに気づける機会になると思いますよ☆

他にも書きたいことはたくさんあるのですが、この辺で・・・。
稚拙な文章にお付き合い頂きありがとうございました (^▽^)/
 

20121127ue_2

 
 

★9月26日関西UEカフェミーティング報告 その②

続いて、まきのより、関西UEカフェミーティング報告その②です!!

このUEカフェミーティングは、2ヶ月に1回行われており、今後の復興や新しい街づくりについて語り合い、さらにその出てきた内容を具現化していくといったユナイテッドアース主催のイベントです。

私は、8月に関西に引っ越してきたばかりで、このUEカフェミーティングにも、恥ずかしながら初めて参加させていただきました。

img_5720_2

私は今年の1月に初めて被災地 宮城県南三陸町に入り、約10日間ボランティア活動をしてきました。初めて目にする 耳にする同じ日本で起こった出来事には思えない事ばかりで涙が止まりませんでした。

帰ってからも、自分が今後何をすればいいかわからず、継続して被災地へ入る事だけを続けました。3月、4月、5月、8月と1週間~10日間ずつボランティア活動をしていました。

活動していく中で、ずっと被災地に入って地元の方と共に町の復興に力を注ぐ人も必要やけど、被災地の外からも現地の声を届けるようなアクションを起こす人も必要だと思いました。

私は、後者になりたいと思いました。

遠くはなれた地から、被災地にできる事は何か。。いろいろ考えました。誰でもできる事。被災地で見てきた、聞いてきた現状や当時の様子や、現地で今、必要としているニーズを周りの人に伝え続ける事です。

img_5643

関西に来てすごく感じるのは、震災について意識のある人とない人の差が大きいことでした。

今回のUEカフェでは、より現地の状況を関西でも知っていただきたくて、新しいプログラムとして、被災者による震災当時に体験した事や想いを話す「語り部」や、長期に渡り、ずっと現地で活動しているUEメンバーによる、被災地の現状やこれまで地元の方と話して、忘れられないエピソードなどを話していただきました。

語り部は、髙橋翔太くん。

若者だからという理由で、遺体運びをした事、その後いろいろな葛藤から、鬱になりかけたという現実。そんな苦しいときに出会ったボランティア仲間からの一言で救われた話。

そして、今伝えたいこと。。「ありがとう」

ほんま、心に響きました。
涙が止まらなかった。

img_5677

写真に写っている麻子さんも、ずっと被災地にいて、住民票まで南三陸町にうつしてずっと現地の人やボランティアにくる仲間と共に、活動しています。

仮設にいるおじいちゃん、おばあちゃんたちの切実な声。。おじいちゃんの遺言で、「わたやさんに何かあった時は助けてやって」というお願いを、この震災後にほんとに助けに来た登米市の方。

今回の関西のUEカフェミーティングでは、こういった被災地の生の声を聞けました。

そして、グループ毎にシェアリングをして被災地でできる事を考え、それを発表しました。そこで出た具体的なアイディアを、どんどん具現化していくのがUEカフェミーティングなんです。一人一人の発言や、アイディアが本当に今後の復興に繋がる場になるんだなと感じました。

今後もUEカフェミーティングはあります。ぜひ、まだ来た事のない方は、次回来ていただければなと思います。

学生も、社会人も、経営者も政治家も立場とか年齢とか関係ないんです。ただ、いろんな方からの発想、提案が必要やと思うんです!!

毎回70人以上の方に来ていただけてるUEカフェ!アツい仲間がたくさん集まります!

誰でも参加できる場所ですので、ぜひアツい想いを持ってお越し下さいp(^▽^)q

★9月26日関西UEカフェミーティングを開催しました!!

皆さんこんにちは、関西UEカフェMTボランティアリーダーのきょうです(^^)

関西、東京、登米のボランティアがテレビ会議を繋いで何度も打ち合わせを重ね、いよいよ当日を迎えたUEカフェMT!!26日に、関西会場も、無事開催することができました。現地からの現状報告、麻子さんのボランティア体験談、しょうちゃんの「語り部」・・・どれも本当に深く心に伝わるものでした。

dscf6091

その後、メガソーラーなど新しい街づくりの取り組みの進捗や、10月20日に予定している「UEカフェMTin登米市」に向けて、登米市長さんからのメッセージなどなど、参加者の皆さんに届けたいことが沢山!!熱い気持ちが乗ってきたところで、テーブル対話に入りました。

 
僕のテーブルのテーマは、「被災地の復興、日本再生に向けて、関西でできること」でした。

一番多く出たのは、「被災地のことを 伝えること」。
そして、「どう伝えていくのか?」ということ。

FBでシェアしていく方法や、大学の掲示板に貼る、TUTAYAで無料DVDを置いてもらう、スタバに資料を置く・・・などなど色んなアイデアが挙がりましたが、特にみんなで面白い!!と話題になったのは、震災について想いを書いたノートを、交換日記みたいな感じで、知っている人に回していくこと。そうすれば、そこには、たくさんの想いが積み重なり、多くの人に伝わっていくのではないか、という案でした。
 

dscf6121


学生、社会人、主婦など、、年齢も立場も様々な人が互いの想いやアイデアを語り合い、本当に色々な意見、提案が出ました。和歌山の小学校で、自分が震災ボランティアを通して感じたことや体験を伝えている人、教授に被災地の状況や体験を発表した学生、現地を見てもらいたくて友達を誘ってボランティアツアーに参加し、何度も南三陸町へ行っている人、個人でボランティアを集めて行っている人・・・色んな人が、色んな場所で、自分にできることを続けてくれている、そんな実感を得ることもできました。

ただ、一方で、関西は意識が低いという話もでました。周りでは何かしたいけど・・・、何かしようとは思うけど・・・そこから一歩がでない。沖縄に旅行にはいくけれど、東北には行かない。ほぼ被災していないため、実感がわかない。遠い国の話と感じてしまっている。阪神大震災の時は、もっと早く復旧しているのに・・・。などなど。

熱い気持ちを持っている人、知りたいと思っている人、知ろうとしている人、その人たちと繋がり、もっと、もっと<伝えていきたいと思いました。一度東北へ足を運んだ人、ボランティアに行った人たちを集めて、これからもみんなで伝えていきたいと思います。!!

何かしたいけど何をしていいかわからないという方、まずは被災地の現状を知りたいという方、ぜひUEカフェMTに参加してみてください!!沢山の仲間がお待ちしています!!!photo

★7月12日東京UEカフェミーティングを開催しました!!

昨日7月12日、前回に引き続き東京千代田区にあるNPO法人アイ・エス・エル様のオフィスにて、東京UEカフェミーティングを開催しました!!

今回は総勢80名を超える過去最大の参加者を迎え、数日前には満員御礼で受付を終了するほどの大盛況となりました!!皆さん、本当にありがとうございました(≧▽≦*)

p7120037

当日は南三陸町からも多数仲間が駆けつけてくれ、語り部として佐藤紀子さんが震災当日の体験を語ってくれました。会場中が紀子さんの話に真剣に耳を傾け、語り部の話が終わった瞬間、参加者の皆さんからの拍手が止まらないほど、心に響くお話でした。

「3.11を忘れない」その想いを皆がもう一度、深く刻まれる時間になったのではないかと思います。

そして、代表世話人の智さんからのメッセージでは、7月17日(火)にプレス発表で明らかになるビッグアナウンスを受けて、会場は一気にヒートアップ!!

これからの日本の新しいビジョンに向けて、これからいよいよ大きく動き出す!!そんな熱気や期待、決意が会場に満ちているのを感じました。

さらに…7テーブルに分かれての対話の時間には、

●ソーシャルビジネスの創出
●自然エネルギーの推進
●エコキャップの活用企画
●ご当地グッズや食品の商品開発
●ボランティアサポートの推進
●被災地ツアーをどう盛り上げていくか

といったテーマや、フリーテーマのテーブルももうけ、熱く!ど真剣に!語り合いました。

 

p7120044p7120055_2

対話後のUEカフェ恒例のテーブル発表では、全員が一斉に手を挙げて「ハイハイハイッ!!」と立ち上がって猛アピール!

非常に具体的且つスケールの大きい、しかも実現性の高いプロジェクト案が次々と生まれたUEカフェミーティングでした!!

次回は9月を予定しています!

今後もぜひ皆さん、ご家族や友人、大切な仲間と奮ってご参加ください!!\(^▽^)/

photo

続きを読む

★7月5日関西UEカフェミーティングを開催しました!!

昨日7月5日、大阪にて関西UEカフェミーティングを開催しました!!

今回も総勢72名と沢山の方々に集まって頂き、学びや気付き、アイデアに満ちた提案…と本当に素晴らしい場となりました!!参加してくださった皆さん、ありがとうございました+:。(´∀`)゚.+:

当日は南三陸町からも仲間が駆けつけてくれ、語り部として 高橋志保さんが震災当日の体験を語ってくれました。改めて、普段の何気ない日常がいかに有難く尊いものか会場の一人ひとりが心に深く感じられたのではないかと思います。

img_409

代表世話人の智さんからのビジョンの話では、今進んでいる物凄いスケールの話も沢山あり、会場から驚きの歓声が!!

こうした「今」があるのは、これまで共に歩んできてくださった皆さんの日々の努力、実践があってこそと心から感謝しています。

そして回の後半は・・・

今回も大大大白熱!のテーブルでの対話!!

前回皆さんからのアイデアをもとに立ち上がった4つのプロジェクト

●クリーンエネルギーPJチーム
●ボランティアサポート推進PJチーム
●エコキャップ・エコプランターPJチーム
●ご当地グッズ開発PJチーム

に加え、「被災地ツアー」テーブルや、新たなテーマを出し合うフリーテーマのテーブルももうけ、熱く語り合いました。

 

dscf5427dscf5432

 

初めて参加された方も沢山おられましたが、皆さん本当に活き活きと、ど真剣に、想いと意見を交換し合い、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

テーブル発表では、時間の都合上、限られた数しか発表できないため、どこのテーブルも我先にと立ち上がって手を挙げる姿は本当に圧巻でしたよ!!

翌日には、早速フェイスブックで昨日出たアイデアをどう具現化していくか?活発なやり取りが始まったテーブルもあり、既に新たな動きが始まっていますp(^^)q

これからも、被災地からのリアルな声や現状の課題と真摯に向き合い、未来へのビジョンを描き、皆で意見を出し合い、繋がり、発展させていく─そこから新たな仕組みや実践を皆さんと一緒にどんどん発信していきたいと思います!!

今後もぜひ皆さん、ご家族や友人、大切な仲間と奮ってご参加ください!!

7月12日(木)には、関西に続き東京会場でUEカフェミーティングを開催します☆☆
皆さんにお会いできることを、心から楽しみにしています★★★

img_5487

【お知らせ】

当日お話していた「ストーリー311」のURLをご紹介します☆☆
有志の漫画家の皆さんが、被災地で実際に聞いた声をもとに漫画化し、伝えてくれているものです

ぜひ皆さんご覧ください!!
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/special_detail.php/90004/5055/1

★5月17日関西UEカフェミーティングを開催しました!!

5月17日、大阪にて関西UEカフェミーティングを開催いたしました!!

当日は、総勢70名の方々が参加してくださり、会場はものすごい熱気☆☆
今回は、南三陸町からも仲間が駆けつけてくれ、
現地でのリアルなニーズや現状を届けてくれました。

参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!!

また、「環境産業」「被災地での商品開発」「被災地ツアー」など、
グループに分かれて行ったディスカッションでは、本当に様々なアイデア・提案が挙がり、
『まだまだ時間が足りない~!』といった声も上がるほどでした。

dsc03046

皆さんから頂いたアイデア・ご提案は、一旦事務局・現地スタッフにて優先順位や効果などを考慮した上で、
改めて方向性を共有し、有志によるプロジェクトチームを結成して皆さんの主体的な実践により具現化していきます!!

こちらのブログやメール等でも随時ご報告していきますので、ご期待ください!!

24日には関西に続き 東京会場 でUEカフェミーティングを開催します☆☆
皆さんのご参加をお待ちしています\(*^▽^*)/

dsc03081

UEカフェミーティング@大阪 1月19日のご報告!!

昨日、天満橋「XingGARDEN」にて1月度のUEカフェミーティング@大阪を開催しましたp(^^)q
雨の中集まってくださった皆さん、ありがとうございました!!

あいにくの雨模様もあり、参加者人数はこれまでになく少なかったのですが・・・
それを上回る一人ひとりの温かい想いと情熱、これからの実践への決意が会場に満ちていました。

9月から3ヶ月間、南三陸で活動を共にしてくれたボランティアさんや支援物資を自ら児童館に届けてくれた方、復興カフェのリーダーさんとして多くの方に被災地の今を伝え、共に動き出すきっかけを創ってくれている方、今回初めてUEを知り参加してくれた方・・・それぞれの想いと実践が交わる時、新たな絆と新しい発想が生まれます☆

UEカフェは、様々な背景をもって集まられた一人ひとりの人生の交差点であり、ここから生まれる出会いや経験を通して自分の人生をより豊かにしていくこと、

被災地の復興に向けて共に考え、実践すること、

そして・・・復興の先にある新しい日本の創造をビジョンに掲げ、日本全体の未来、新しい社会のあり方を私たち一人ひとりが考え、未来を創っていく主役として立ち上がる場として
これからも皆さんと一緒に創っていきたいと思っています!!

今後はいろんなワーク等もまじえながら展開していきたいと思いますので、ぜひぜひ皆さん参加してくださいね♪

次回は2月9日東京会場、2月16日大阪会場でお待ちしています(●^▽^●)/

123

ピースアクション宣言10万人を超えました!

みなさん、いよいよアクション宣言が10万人を大きく超えました!!

たくさんの活動家の皆さんや、市民がブログやmixi、ツイッターで書き込みしてくれているお陰です!

ありがとうございます!

————————

8月6日~15日
      絆ピースウィーク残り2日です!

8月13日現在の状況

●現在のピースアクション数

133,081人

————————
目指せ22万人!絶対できる

■絆ピースウィーク2010公式WEB↓
http://united-earth.jp/kizuna2010/

▼ピースアクション宣言はコチラ↓
https://pro.form-mailer.jp/fms/fae958c72573

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

アイセック神戸の学生さんたちがきてくれましたーー

先日、世界最大の学生NPOである アイセックの

神戸大学委員会のメンバーがオフィスに来てくれました!!!

HI3E0066

アイセックは世界100カ国以上、18000人以上の学生が活動を行っている実質、世界最大級の

学生NPOで、歴史も60年あり、日本においても50以上の大学に支部があるんですよ♪

たしか、第二次世界大戦が終わった時に、戦争の解決には国際理解や、普段からの異文化交流が大事なのではないか?

と考え、将来の国をしょってたつ学生たちが、互いに海外を行ききして、

「海外インターンシップ」 という形で、それぞれの国の文化や経済を

体験を通して学んでいき、さらに、自分がもっているアイデンティティーは逆に他のために活かしていく。

そんな機会提供をがんがんやっているという訳なんです。

学生さんは、ぜひ、アイセックを通して、海外に行くのも良し

海外に行きたいという学生を 受け入れるもよし、興味があれば、ぜひ!!

関わってみてくださいね♪ アイセック良いですよーーー

そんな訳で、社会企業家サミットin神戸 から出会い繋がった 川村くんたちが神戸にきてアイセックのことを伝えてくれました。

そして、1年生も多かったので、ハーモニーアイズの話しもさせてもらい、

お互いにコラボレーションできることは無いかと 話して、ワクワクする話しも沢山生まれ、

楽しい時間となりました!!

さらに、今週に入ってさっそく、アイセックの方で来月末に予定している

海外インターン希望者に対する説明会で

ハーモニーアイズとして講師として参加しれくませんか?

というお話しにもなり、具体的なコラボも始まりそうで、非常に楽しみです!!!

お互い神戸同士なので、身近なところから、協力体制を組めるところは組んで、

未来をよりよくしていきましょう!!!

この度は みんなで来社してくれて本当に ありがとう!!